忍者ブログ
FE覚醒の小説や絵、妄想をたれながしています。
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DLC絶望の未来妄想捏造小説最終回。
今回が一番捏造妄想がひどいので閲覧の際注意をお願いします。
時系列としてはギムレー撃破~数ヵ月後本編までです。





覚醒の儀を終え、光を放つ神剣ファルシオンを手にしたルキナに深々と貫かれた。
これでようやく終われる。
子供達の哀しみも苦しみも、全て消し去ることが出来る。
ゆっくりとファルシオンが引き抜かれ、ルフレの身体はよろめいた。
自分の中のギムレーが苦しむ声が聞こえる。神竜の力に魂が砕け、もうじきこの身体は崩壊を始めるだろう。
厳しい顔をしたルキナも、この先は笑顔で暮らすことが出来るだろう。

――ありがとう、私の可愛い娘

この手を愛娘へと伸ばしたかったが、ギムレーとして消えた方が彼女も悔いずに済むだろう。
この身が空へと消えゆく前に背後にいる11人の子供達を見た。かつての仲間達の血を強く継いだ英雄達が、固唾を呑んでルキナを見守っている。
彼等も随分と苦しめてしまった。赦されるつもりは決してない、けれども彼等の幸せを願いルフレはそっと目を閉じる。
異界の勇者たちも無事に返した。最後にクロムへと寄り添う自分自身をみつけ、まだあの世界の自分が最悪の選択をしていないことに安堵した。
思い残すことがあるとすれば、二人のマーク。
自分の元へと寄り添う為に、世界の敵となった優しい子供達。
あの子達は今、泣いてはいないだろうか。
空へと溶けていく意識の中、ルフレは最後に姿の見えぬ彼等を抱きしめようと穴だらけになった両手を広げた。

「大丈夫だ、ルフレ」

肉体が粒子となり崩れ落ちそうになるルフレの背後からそっと温もりが与えられる。
まわされた逞しい腕と胸の感触。この記憶があったからこそ、ギムレーの中で身を苛む絶望に耐えられた。ずっとずっと、思い描いてきた優しい声にルフレは振り返る。

「クロムさん」
「おかえり、友よ。…やっと、迎えにこれたな」

光の中、クロムが微笑んだ。
待ち望んでいた笑顔にルフレは涙する。
血を流しそれでもお前は悪くない、と言ってくれた優しい人。
その温もりに身体を預ける。懐かしい香りが鼻腔を擽り、とめどなく涙があふれてきた。

「クロムさん、クロムさん…」
「頑張ったな。お前も、ルキナも…道は違ったけど、マークも」
「私…あの子達を置いて逝ってしまった…取り返しのつかないことをしてしまった…」
「お前が気に病むな」

ルフレの涙をそっと指で拭うと、クロムは邪痕が消えた掌を握ってきた。
彼は聖王として立つルキナと仲間達の姿を見つめると腕を引いてくる。

「行こう、みんなが待っている」

「そうだよルフレさん!」
「見せつけてくれるわね…ルフレが嫌がっていたら呪う所よ」
「随分待たせたわね」

光の中、懐かしい仲間達の姿が見える。
皆待っていてくれたのだ。
ファウダ―に操られ、最悪の事態を引き起こした自分なのに。

「ふふ、異界の私達に比べたら皆さん老けてますよね」
「お前もだろ」
「そうでした」

温かい涙が頬を濡らしていく。それでもルフレは笑顔だった。ぼろぼろになった心が春を迎えた草原のように芽吹いて行くのがわかる。

「あとは私達の子供に任せましょう」
「俺達に似てつえぇガキどもだから心配すんなって!」
「まあま年寄は仲良く高みの見物といこうぜ、再会の酒でもかわしながらな」
「あー、グレゴまた呑んでるー!」

なにもかも同じな騒がしい仲間達。
笑顔で待ち受ける皆と、微笑みながらももう二度とはぐれぬようルフレの手を握るクロム。

「さ、行こう」
「ええ」

強い光が包み込む世界へ、二人は足を進める。
絆と異界の奇跡に感謝しながら、ルフレの意識は空へと還っていった。



*



本当は、最後の時になっても迷っていた。
例えギムレーに蝕まれていたとしても、どんな形であってもルフレがその中で生きていけるのならば世界なんて滅びたっていいのではないかと。
しかしそう考える度に異界の援軍で指示を飛ばすルフレの眩しい姿を思い出してしまう。
記憶のなかよりも少し若い彼女の傍にはクロムがいて、ルキナがいて、…そしてルキナの弟であるマークがいた。
アズ―ルとウード、ブレディとシャンブレーを救うために二手に別れる藍髪の姉弟の頭を撫でて送り出し、夫とともに行動を始めるルフレをみて、マークは一つの結論に至った。
異界に私という存在はいない。
少なくとも、ルフレさんの傍にはいないのではないかと。
て緊張した面持ちながら生き生きとクロムと共に屍兵を蹴散らしていくルフレの姿を見て、マークは竜に縋りつきながら恐怖と後悔に駆られていく。
たまたまその場にいなかっただけなのかもしれない。だが視界が真っ暗になって斧を持つ手が震えてしまう。

(私がギムレーだったらよかったのに)
(そうすれば、こんな悲しい事態を引き起こさなかったかもしれない)

戦いのさなか背中合わせになりクロムに微笑みを交わし合うルフレの姿に耐えきれなくなり、マークは戦場を脱してしまった。
マークとルキナは引き裂かれ姉弟で争うこともなく、愛する母の傍にいれる。
ルフレもクロムを殺すことなくあんなにも苦しむことはなかったのかもしれない。
教会までどうやって帰ったかは覚えていない。気が付くとマークは軽蔑し滅ぼしたはずの神に向かい懺悔を続けていた。

ルフレを救うこともできない。
ギムレーの忠実なる駒にもなりきれない。
片割れのマークを巻きこんでしまった。

ルフレと共にいる、守り続けるという誓いが呪詛となってマークの小さな胸を締め付けた。
今となってしてきたこと全てが、彼女を苦しめているのではないかと恐怖に刷り変わっていく。

そんな中、彼が傍にいてくれた。
マークはいつだってそうだ。一番つらい時、寂しい時にはいつのまにか傍にいてくれて手を繋いでいてくれる。
チキの話から、異界のルフレから貰った戦術書に道標が記してあると希望を見いだしたのだ
ならば私も信じてみよう。この身体に流れる血と絆という物を。

(2人だったら何でもできるって、マークは言っていましたからね)

――例え私が本当の歴史ではルフレさんの傍にいてはいけない存在だったとしても。
ルフレさんを、そしてマークを想う気持ちは、確かにここにあるから。


チキの合図である蝶を模した光が暗闇の中で舞い、二人は同時にルフレの戦術書へ魔力を注ぐ。
二つの戦術書はほぼ同じ内容が書いてあったが細部の術式に違いがあり、念の為統一しておこうと自分の字で加筆しておいたが無事に発動できたようだ。重なりゆく光の陣に安堵しながら、マークはルフレの心に届くよう無心で呪術を紡いでいく。

(ルフレさん、ごめんなさい)

彼女が救われることだけをただひたすら願いながら意識を集中していく。精神を操る術は禁呪に近いものなのだろうか、魔力の消耗が激しい。ましてや相手は人間ではない、竜だ。
二人は歯を食いしばりながらそれでも集中力を切らさず、膝をついてこの身にある全ての魔力を注ぎ続けた。
ギムレーの強大な意識が抗っているのか、時折身体を巡る血が沸騰しているかのように熱くなり、茨のように絡みつく雷撃のような痛みが走る。もう一人のマークと手をしっかり握り合いながら、本を取り落としそうになる執拗な痛みに耐えた。

――ルフレさんはこの痛みを耐え続けていたんですね。
ずっとずっと、独りぼっちで。

彼女の苦しみを理解し、マークの頬に涙が伝う。
それでも在りし日の彼女の微笑みと、戦場で見た姿を思い浮かべ最後の力を振り絞った。
その雫が地面に落ちる頃、不意に痛みから解放され身体が軽くなった。
思わず意識を失いかけ前のめりに倒れ込むが、マークの手により支えられる。

「おわったの…?」
「成功、したかな」

魔力をほぼ使い切ったせいで、身体に力が入らず息は荒く意識が朦朧としている。
光の陣が消えた聖堂は光が入らず暗いはずだったが、割れたステンドグラスから橙色の光がうっすらと漏れて二人の姿を鮮やかに照らし上げた。
ギムレーがこの世界に出現してから、日の光は滅多に射さなくなった。
ルキナはもしかしてルフレの姿をしたギムレーを討ち倒したのかもしれない。
そして、ルフレの魂は。
もう慢性的に襲ってくる頭痛はしなかった。
暖かい風が吹き込み、戦術書のページを捲る。風に乗って、どこからか「ごめんなさい」という優しい声が聞こえる。
この風は大地に命をもたらす風。この光は命を育てる光だ。
マークの目から涙が零れる。
きっと私達は成功したんだ
私を見つけて、一人になった私を救ってくれたあの人はもう…

「ねえマーク、私達、出来たんですよね?あの人を助けること、出来ましたよね?」

マークは魂が抜かれたようにぼんやりとした顔でステンドグラス奥の太陽を見つめていた。
橙色に染め上げられた瞳が不意に見開かれる。輝くその瞳に黒い人影が写っていた。

「姉さん、危ない!」
「え?」

腕を引かれ、マークが事態を把握する前に暖かいものが顔に飛び散る。
普段より嗅ぎ慣れていた生臭くて鉄くさい匂いに顔をひきつらせた。
振り返るよりも前に不気味な呻き声が轟く。少年のマークが背中越しに剣を抜き、襲いかかろうとしていた屍兵を貫いていたのだ。

「マーク!!」

屍兵が紫煙となって消えていく。
同時にマークを庇うように盾となっていた彼が崩れ落ち、もたれかかるようにしなだれかかってきた。その腹部には錆びた剣が突き刺さり、黒い血が滲んでいた。

「迂闊…でしたね…」

僕達らしくないです、そう微笑む彼の口元からは血がしたたり落ちていた。
術を発動するのに集中しすぎて屍兵の接近に気がつかなかったのだ。みるみるうちに血の気が引いて行く彼と傷口を抑えようにも溢れ出す血液。
明らかに致命傷だった。血を浴びるのも見るのも慣れてきたのに、マークは顔を青ざめさせ彼を呼ぼうとする声を引きつらせる。

「マ―…ク…」
「僕、後悔、して、ませんよ…マーク姉さん、について、った、ことも…ギムレー様に、ついたこと、も…」

彼の本当の笑顔を久々に見た気がした。
昔のように穏やかな笑みで語りかけてくるマークだったが、その度にぽたぽたとマークの顔に血が落ちて行く。

「いろ、いろ…まちが、えた…けど…僕は…母さんを、マーク、姉さんを、…」
「やめてください、マーク!」

そんなに血を流しているのに無理して笑わないで。
私のせいじゃないなんて言わないで。

マークが首を振るのも気にせず、クロム譲りの藍髪を赤く濡らしながらマークは微笑み手を伸ばしてきた。ルフレが昔してくれたように、愕然としている頬を撫でてくる。
「嫌だよ、置いて行かないで…貴方までいなくなったら、私、私…!」
「ごめ…ねえさ…」

――罪も二人で背負えばいいと思っていた。
いつかくる裁きも咎も、二人でいるなら分け会えると信じていた。
それなのに彼は私を置いて行く。
一度刃を向けたというのに心優しさ故に居場所を捨てた半身は、私を庇って命を落とそうとしている。
そんなの絶対におかしい。
本当は、彼だけがルフレさんの傍にいるはずだったのに。
マークの手を握りしめる掌が熱い。それなのに彼の手はどんどん冷たくなっていくのだ。

「ルキ、ナ、ね、さん…なら、きっ、と…ひとり、じゃ…」
「マーク…マーク?」

頬に触れていた指先がふと力を失い、ゆっくりと地へ落ちていく。
彼が目蓋を閉じ、やすらかな顔で言葉を途切れさせた。まだ心臓の鼓動はあるが、意識を失った以上、命を落とすのはもう時間の問題だろう。

ルフレの血を継いだ少年を、この世から失いたくない。
何故私ではなくて、彼なのだろうか。
ぐったりとした彼の身体を床に優しく横たえる。
赤みを増して緋色となった日の光に照らされ、ステンドグラスは朽ちかけた祭壇とマーク達を幻想的に彩った。

(…ルフレさん…)

マークはそっと手袋をはずす。
死にゆくマークに対して祈りを捧げるように跪き、先程から焼けるように痛む掌を組んだ。
その掌には、六つ目の痣が焼け付くように浮き上がっていた。

「私が、マークを守りますから」


*


執務室で大量の書類に署名していく中、ルキナは溜息をそっとついた。

「おっ、流石のルキナも疲れたか?」
「あ、ごめんなさいウード。そういう訳じゃないんです」

イ―リスの王族として一時的ではあるが執政に関わることになったウードにからかわれ、ルキナは苦笑いをして首を振る。

「…ギムレーを倒した時のこと思い出してしまって。ごめんなさい、仕事中に」
「ふっ、無理もない。あの時の戦いは俺達を極限まで追い詰め、二つの星の血を継ぐこの俺でも自らの死を覚悟したものだった…まさにヘブンズオアヘルズゲート・レジェンドエンドブラッディクロ」
「ウード、口を動かすなら手を動かしてほしいものです」
「うがっ…!この復興案、書いても書いても終わりが見えねえじゃねえかよ!休憩くらいしていいだろロラン!」
「貴方も信じがたいですが仮には王族、戦後処理くらいはしてください。普段から長々とノートに書きこむのはお手の物でしょう?これさえ終わればクロム自警団に加えてあげますから」

ロランにあっさりと反撃されて何も言えず、苦虫を噛み潰したような顔で羽根ペンを再び持つウードにくすりと笑うと、ルキナは再びあの日のことを思い返した。
異界から助けに来たという若き姿の父と母の姿のこと。
ギムレーとなった母の口元が微笑んだように見えたが、すぐに黒い粒子となり空へと消えてしまったこと。
全てが夢みたいな出来ごとだった。しかし窓から射す温かい陽光と青い空にこれが現実だと教えられる。

「お父様、お母様…」

ギムレーを倒したあの日、雲の切れ間から覗く久しぶりに射す日光の中に父と母の姿が見えた気がした。
これで全てが終わったのだ。
ルキナ達は邪竜に勝った。あの日から屍兵の数は見るからに減っていき、作物の種も芽を出し始めたとンンやシャンブレーからの手紙にも書いてあった。事実荒れ果てた中庭には少しずつ緑が戻り、どこからか飛んできた種によって小さな花が咲き始めている。
世界は確実に再生の道を歩んでいる。しかしルキナの胸は完全には晴れなかった。
父と共に死んだと思っていた母がギムレーだったこと、この手で留めを刺したこと。異界とはいえ、もう二度と会えないと思っていた両親に逢えてもっと話をすればよかったという後悔。
そして、依然消息を掴めない二人のマークの安否。…恐らく亡くなっているだろうが、遺体が見れないだけにまだどこかで生きてると信じたい自分がいる。

――今この場所に彼等がいてくれたら。

空席になっている椅子を見つめながらルキナは再び溜息をつく。
今までは失ってきたものを仕事の多さでごまかしていたが、一段落つき息を抜きざるをえない今、犠牲のあまりの多さを中々受け止めきれず、こうして回顧と後悔を繰り返している。

「ルキナ、顔色が悪いぞ。やっぱり休むか?」
「お茶でも淹れましょうか?シャンブレーがいい薬草を送ってきたんですが」
「2人とも有難う。でも私は大丈夫です」

先程から溜息をついてばかりのルキナを心配し、顔を覗きこんでくる二人に微笑んで手を振る。
いくらなんでも気が緩み過ぎただろうか。まだまだやることは沢山あるというのに。
気合を入れ直して羽根ペンにインクをつけていると、ドアが勢いよく開いきインク液が零れそうになった。

「失礼!ルキナはいる?」
「デジェル、どうかしたのですか?」

短い髪を汗ばませたデジェルが息を切らして入ってくる。
彼女は公務の手伝いをしているロラン、ウードの代わりに新生クロム自警団を率いており、現在は生き残りの兵士達に地獄の鍛錬を課しているとへろへろになっているアズ―ル達に聞いた。
あまり騒ぎ立てるタイプではないデジェルが珍しい。目を丸くしていると、彼女は汗を拭いながらぷっくりと膨らんだ唇を動かした。

「それが、イ―リス城上空に竜が出たって新兵が…」
「竜だと?」
「奇襲ですか」

緩んでいた顔を引き締めるウードと呪文書を手に立ち上がるロランに、「それが…」とデジェルが眉をしかめて言葉を続けた。

「最初は私達も敵だと思ったんだけど、どうも違うみたい。武装した人間は乗っていないし、何かがくくりつけられているというか」
「は?なんだそりゃ」
「こっちが弓を向けても空を旋回するだけで攻撃してくる気配が無いし…あ、今あそこに降りてくるわ!」

デジェルが指を刺した方向を見ると、窓の外に黒い竜が翼を悠々と伸ばし降り立つ姿が見えた。恐らく中庭に向かったのだろう、城内から悲鳴が聞こえ、ルキナは思わず席を立った。

「ルキナ、貴方はここにいてください。なにかあったら危険です」
「そうよ、新手の罠かもしれないわ」
「民を守るのが王たる私の仕事です。それに、敵でなければなにかを伝えてきたのかもしれない」

どこかで見覚えがあるような気がする竜に、何故だか胸騒ぎがした。
ファルシオンを携えていることを確認すると、ルキナは制止を押し切って執務室から飛びだていた。

「る、ルキナ…」
「ノワール、大丈夫ですか?」

中庭に出ると、涙目で腰が抜けている少女を見つけ慌てて助け起こす。
少し気弱な彼女は取り落としたらしい弓を拾い上げると、表情を豹変して矢を番えた。

「フハハハハ、この薄汚い竜め!折角人が乙女な気分で球根植えをしていたというのにこの我を驚かせるとは万死に値する!!!あの世へ行くがいい!!!」
「ノワール、落ち着いてください」
「死体なぞ背負いおって悪趣味極りないわ!ええい貴様はカラスか?!私に嫌がらせをするためにわざわざ担いできたのか?!」
「…死体?」

疑問に思い矢尻の先をみると、竜は球根が散らばった花壇の上で悠然と羽根を休めていた。
確かにその背中には何か人らしきものが縄でくくりつけられている。
竜が姿勢をずらした際に見えた藍色の髪に、ルキナは思わず息を呑んだ。
そしてぼろぼろになった黒い外套を見つけた時、言葉よりも先に足が動いていた。

「マーク!」

座り込みまどろんでいる竜にとびつき、無我夢中で麻縄を解いた。
ずるり、と落ちてきた身体を抱きとめ、ルキナは胸に耳を当てる。
弱弱しいが、鼓動は確かに動いている。
次にルキナは藍色髪の顔を持ち上げた。
眼を固く閉じ青白くやつれてはいたが、まぎれもなくルキナの弟マークであった。

――生きていた。

その事実にルキナは彼を抱えたまま脱力し、膝を折る。
おっかなびっくりと近づいてきたノワールも、彼女の腕の中で眠る少年に眼を丸くした。

「嘘…マークなの…?」
「どうした、なにがあった?」

ルキナを追いかけてきた幼馴染達もマークの姿に言葉を失い、いち早く冷静さを取り戻したロランがブレディを呼びに駆けていく。
ルキナはひんやりとしたマークの額に自らのものを重ね合わせ静かに涙を流す。
彼女の剣帯に収まっていたファルシオンが冴えた光を放ったように見えた。



――あの時、確かに僕は命を落としたはずでした。

風にふんわりと揺れる紗幕を眺めながらマークはぼんやりと考える。
目覚めた時には、もう戻ることが無いと思っていた自分の部屋にいた。
深く刺されていたはずの腹部には傷一つなく、竜によって中庭まで運ばれたと聞いた時マークは軽く混乱した。
助けたはずのマークはその場にいなかったらしく、夢でも見ていたのかと本気で考えてしまったが衣服には血染みがべったりとついていたという。

(マーク姉さんは、どこにいったのでしょう)

あの時確かに繋いでいた手をかざしながら、ベッドの上でマークは溜息をついた。
大切な人を守る為に最後くらいかっこよく死にたかったというのが本音で、眼を覚ました時のルキナの顔を見た時に胸の奥がじくりと痛む。
一応王族だというのに国を捨て実の姉さえも裏切って、滅びの加担をした罪深い自分に涙を流して貰う価値なんてないのに。

――母さんがいないこの世界に、裏切り者の僕の存在価値はあるのでしょうか。

しばらく眠っていたらしく萎えてしまった身体のせいでなにもかもが億劫で、マークは窓から差し込む光から逃れるよう眼を伏せる。丁度その時ノックが聞こえた。

「マーク、起きてるか?」

相変らず蛮族に身間違えられる程の凶悪な人相をしたブレディがこちらを伺ってきた。
傷はふさがっているというのに、彼は毎日杖を持ってやってくる。見た目に反して面倒見の良い彼の優しさも、今のマークにとっては痛みにしかならない。

「…起きてますよ、ブレディさん」
「ああん?お前また飯食ってねえじゃねえか」
「僕はいいです。皆さんだってお腹空いてるんでしょう?他に回してあげてください」
「ったく、てめえは…病み上がりなんだからしっかり食わねえと駄目に決まってんだろが!」

どかりとベッドの脇にある椅子に座ると、ブレディはマークにパンを差し出してくる。
食欲がないのは本当だが、蛇にらみしてくる彼に押され思わず受け取ってしまった。
小さくてぼそぼその黒パンだが、今でも草の根を食べている人たちが大勢いる現状ではとても贅沢なものだ。

――生きる意欲を失っている自分には勿体無い。

手にとったものの食べようとしないマークの姿にブレディはため息をつくと、うねった短髪を掻きむしりながら口を開いた。

「あのなぁ、あんまりルキナを心配させるんじゃねえぞ」
「…今更ですよ。僕が何をしたのか、貴方も聞いてますよね」

以前マークが犯した罪の告白を思い出したのか、一瞬ブレディの指が止まった。しかしすぐにマリアベル譲りの目尻を釣り上げてマークを見据えてきた。

「ああ。それとこれは別、とは言わねえけど…お前は戻ってきた以上、生きなきゃいけないんだよ」
「でも僕は母さんの為に貴方たちを裏切りました。現に僕は貴方たちを始末しようとしてましたよ、ブレディさん」
「だけどよ、俺たちは生きてる。そしてお前もな。みんなすべてを許そうとは思っちゃいねえよ…でもお前を責めても過去を変えられるわけでもねえ。ならさっさと元気になって償おうとかお前は考えねえのか?」

それが生き残った奴の責任ってやつだ、そう言ってブレディは杖で肩を叩きながら口元を歪ませる。
ブレディは僧侶だ。見た目こそ子供が泣き出すほどに怖いが、人を肉体的にも精神的にも癒せる器の持ち主である。
口には自信があったが、彼に精神論で勝てる気はしない。

「それに、お前は自分にしか出来ないことを信じてやったんだろ?ならいいじゃねえか」

ニッと笑ってマークの頭を無遠慮にぽんぽんと叩くと、彼は席を立ち「さっさと食って早く元気になりやがれ」と言い残しのそのそと去っていった。

――やっぱりみんな人が好すぎます…

掌の中に残った小さなパンを転がしながらマークは目を細めた。
昔からそうだった。もうひとりのマークが竜を助けると言い出した時も、最初は怖がっていたはずなのにいつのまにか皆真剣に協力してくれた。ブレディなんかは「がんばれよ」と必死で声をかけつつ涙をこぼしながら覚えたての治癒術を使っていたのだ。彼の家の家紋が縫われた絹のレースハンカチまで使ってマリアベルに怒られていたが。
その時助けた竜はいまだイーリス城におり、この部屋の窓からもその姿を見ることができる。
のんびりとあくびをしている竜を見つめながら、マークはこの竜の本来の持ち主である少女に想いを馳せた。
いつも彼女のそばを片時も離れなかった竜が、今はマークを見守るようにそこにいる。
彼女は本当にどこへ消えてしまったのだろう。
竜に聞けばわかるのかもしれないが、生憎マークには竜の言葉はわからない。ジェロームは遠くに旅へ出ていると聞いているから頼ることもできない。

「マーク姉さん…」
「知りたいの?」

唐突に聞こえた声に思わず視線を上げる。
いつのまにか窓枠に翠の髪を揺らした女性が座っており、こちらを静かに見つめていた。

「神竜の巫女…」
「今はナーガよ」

紫水晶のようにきらめく瞳を悪戯っぽく揺らしながらチキは笑う。戦いの後眠りについたと聞いたが、たまに気配だけは感じていた。恐らくルキナを見守り、マークを見張っていたのだろう。

「そんな怖い顔をしないで。貴方も体調が良くなってきたみたいだし、そろそろ真実を教えてもいいかと思って来たの」
「真実?」
「ええ、あの子は何もいいたくなかったみたいだけど、貴方には知る権利があるわ…ここだと長話ができないから、虹が降る丘に来て」

それだけ言うと、チキはマークが瞬きをした瞬間に消えており、後には風に揺れる紗幕だけが残されていた。


*


「ルキナ姉さんは来る必要なかったのに」
「病み上がりの貴方を一人で行かせるわけには行きませんから」

竜の手綱を握りながら後ろに座る姉に話しかければきっぱりとそう告げられ、マークはため息をついた。
今頃城はルキナがいないと大騒ぎになっているだろう。ならば天馬騎士を護衛に連れてくればいいのにと言えば「彼らは忙しいから」とあっさり言われ、無鉄砲なところは父譲りだと軽く呆れてしまった。

「僕が信用できないのはわかりますけど、王が無断で外出するものではないと思いますよ」
「違います!」

腹部に回された手に力を込められた。若干苦しい程の力に文句を言おうと振り向くと、ルキナはマークの背中に顔を押し付けて目を伏せていた。

「私は貴方をまた失うのが怖いんです、マーク。…それに、私は貴方達の姉です。あの子のことなら私も知りたいから」
「姉さん…」
「マーク、私たちは姉弟なんです。絶対に、もう一人で背負い込まないでください」

ルキナはマークがしてきたことを告白しても憤りも悲しみもぶつけてこなかった。
「お母様の傍にいてくれたんですね」とだけ言って、ただマークを抱きしめてきたのだ。
何度も約束を破って傷つけてきたのに、どうして許そうとするのだろうか。
絶望に満ちた世界へ一人だけ責任を負わせてしまったのだから、恨んでもおかしくないというのに。

「…見えてきました、もうすぐ虹が降る丘です」

雲の切れ間から虹とナーガを祀る神殿が覗き、マークは黙って竜を降下させていく。
――今はマーク姉さんのことだけを考えよう。
何も言わずに消えた彼女の真意を知らなければ、前に進めないのだ。



*



「悪いわね、こんなところまで来させて…やっぱりここじゃないと疲れちゃうみたいだから」

ギムレーの召喚した屍兵に蹂躙され荒廃したはずの神殿だったが、天井が崩れ落ちた所から光が差し込み、小さな花が壊れた床の隙間から咲いておりどこか神々しかった。
イーリス城に安置されていたチキの亡骸はこの神殿に移されたらしく、今目の前にいるチキはファルシオンの力もあるためかいつもより鮮明に姿が見える。

「ルキナも来たのね」
「はい、突然お邪魔して申し訳ありません」
「いいの、来てくれて有難う。なんのおもてなしも出来ないけど」

チキはルキナにニッコリと微笑みかけると、表情が固いままのマークに向き直り歩み寄ってきた。

「貴方にとっては辛い事実かもしれないけど、言っていい?」
「構いませんよ。その為に来たんですから…マーク姉さんは、どこに」

――彼女がなぜ言いたくなかったのか、知らなければならないのだから。

マークの覚悟を確認すると、チキは腹部に手を当ててきた。
光が直接当たっているかのような温もりを感じてくすぐったい。

「私もすべてを知っているわけじゃないけど…やっぱり今の貴方には竜の力を感じる。これではっきりしたわ」
「どういうことです」
「マークはね、死に逝く貴方を蘇らせたの。人を蘇らせる術は代償がとても大きいって聞いているわ」
「そんな、まさか」

マークは言葉を失い凍りつく。ルキナも同様だった。
チキは二人の顔を交互に見つめると、マークから手を離して囁くように呟いた。

「マークは恐らく、自分の身体を代償に貴方を助けたんだと思うの。でもね、彼女は完全に死んでいない」
「肉体がないのに死んでないって、そんな馬鹿なこと!」
「普通はありえないわ。でも、私だって肉体はないけど生きている。それと同じだとしたら?」
「…どういうこと、なんですか?」

チキは愕然としているマークからルキナに視線を変えた。やはり要領を得ていない彼女に「ねえルキナ」と語りかける。

「貴方に前、ギムレーを滅ぼせるって言ったわよね」
「え、ええ…」
「あれは嘘ではないんだけど、実際は少し違うことに気づいたの。確かに貴方はギムレーを倒し、肉体を滅ぼすことに成功したわ。封印ではないからもうこの世界に現れることはない。でも、私の力じゃ精神までは完全に滅ぼせないの」
「え?」
「ギムレーはこの世界から滅ぼせたけど、邪悪な意思はこの世界が有り続ける限り滅びることがないの。かつてマルスに倒された暗黒竜メディウスやギムレーが現れているように、いつかギムレーみたいな存在はまたこの世界に現れるわ。神竜に押さえつけられた竜達の心の隙に取り入って、遠い未来に邪竜はまた訪れる」

冴えた輝きを放つファルシオンを見つめながら、チキは悲しそうに呟いた。
二人もまた言葉を失い立ち尽くす。
あれだけの犠牲を払ったのに、ギムレーみたいな存在はまた現れるのだ。
父が死に、仲間達の両親も殺され、大量の民が苦しみ死んでいき、母もギムレーを道連れにして消滅した。
これだけ犠牲を払ったのに、いつかはまた歴史は繰り返すというのだ。

「そんな顔をしないで、貴方たちがしてきたことは無駄ではないわ。少なくとも今の未来は守られたし、この先何千年かは平和が続くのよ。…話を戻すね。さっきも言ったとおり、ギムレーの意識の残滓はまだ生き残っていた。そしてその力を利用して、あの子は貴方を蘇らせることに成功したの、マーク」

再び向き直るチキに、マークの鼓動はドキリと跳ね上がる。
疑問の声をあげたかったが、舌が乾いてうまく声が出なかった。

「あの子はルフレの次に器としての血が濃かったみたいだから、弱っていたギムレーは彼女に取り入って傷を癒そうとしたみたい。だけど砕かれた意識じゃ彼女に適わず逆にうまく力を利用されたみたい。…ここからは推測なんだけど、あの子は全てを知って、背負ったんじゃないかしら。
ギムレーを自分の中で飼うことで、邪竜の復活を少しでも遅らせるために」
「そんな、じゃあマーク姉さんは」
「今は時の狭間に自分自身を閉じ込めているわ」

あの子もルフレに似て無茶な考えをする子ね、そう呟いてチキは視線を空に向ける。
マークは自分の心臓に手を当てた。
姉を助けたはずが、自分が助けられていた。
互いの半身だと誓い合ったのに、彼女だけが全てを背負って行ってしまったのだ。

――ずるいです。

確かに動いている心臓の鼓動を感じながら、マークはうつむく。
守りたい、失いたくないと決めていた彼女に二度も置いていかれた。しかも今度は、もう手が届かないところに行ってしまった。

――自分一人だけ犠牲になって、身勝手ですよ、姉さん。

戻ってきてから欠如していた感情が湧き上がってくる。
置いていかれた哀しみ、怒り。それらがごちゃ混ぜになって涙になり、マークの頬に雫が伝った。
ルキナはそんなマークの背を支え、手を重ねそっと握り締めた。

「でも、ギムレーを完全に滅ぼせる世界が一つあるわ」

しばらく言葉なく泣いているマークを前に黙っていたチキだったが、思い出したかのように言葉を放ち、マークは反射的に顔を上げた。

「その世界は別世界からの介入でギムレーになったルフレと、なっていないルフレが存在している世界なの。そこならルフレ自身が手を下すことで、ギムレーが完全消滅するかもしれない可能性があるわ…ほら、ルキナもマークも会ったはずよ、あの時代のルフレなら出来るかもしれない」
「お母様が、生きている世界…?」

よくわかっていないルキナと、理解し真剣な顔でこちらを見てくるマークを確認するとチキは言葉を続けた。彼女の周りに光がさし、周囲が厳かに照らし出された。

「でも、あの時代のルフレが失敗したらギムレーに取り込まれてまた悲劇は繰り返されるの。私もあの世界の人たちに助けられたから何かしてあげたい、けど私はここから離れることができない。だからマーク、勝手かもしれないけど貴方にお願いがあるわ」

チキが白い手を差し伸べてくる。かすかに光を放つそれは聖像のようで、マークは思わず見入ってしまった。

「戻れる保証はないのだけれど…異界からの援軍として、あの世界へ行って欲しいの」
「チキ様、それは!」

今まで黙っていたルキナが慌てて口を挟んだ。
だがマークは姉を優しく手で制し、「いいんです姉さん」と首を振る。

「チキさん、僕は行きます」
「マーク!」
「ルキナ姉さん、ごめんなさい。でも、僕はできることなら何でもしたいんです」

姉の気持ちが今となっては痛いほどわかる。
置いてかれて一人になる寂しさ、切なさ。優しい姉のことだからいつまでも心を痛め続けるのだろう。王として強く生きていかなければならない彼女の助けになれなかったことに申し訳ない想いで一杯になった。
それでもマークは決意したのだ。
もう一人のマークが孤独の中生き続けることを決めたのだから、迷いはなかった。
母を救える世界があるなら今度こそ救いたい。
異界の母たちがこの世界に光を取り戻せる助けをしてくれたのだから、今度は自分が助ける番だ。

「身勝手な弟で、今まで沢山迷惑かけて、傷つけて…償いも出来ずに、ごめんなさい」

縋るルキナの手をそっと包み込むように握り、マークは悲しげに微笑んだ。
ルキナの聖痕が刻まれた瞳が見開かれる。彼女は何かを言いかけようと何度か唇を動かしたが、しばらくして決意したように唇が引き締められる。

「それが、貴方の使命なんですね」
「ルキナ姉さん…」
「私こそ、何も知らなかったんです。お母様が生きていたことや、貴方達二人の想いも気づかなかった」
「姉さんは何も悪くないんです」

頭を振ればルキナが手を伸ばし抱きしめてくる。マークも姉の背中に腕を回す。
久しぶりに本当の意味で向き合えた姉弟を、チキは優しい眼差しで見守っていた。

「私の分もお母様を守ってください…私はお父様とお母様、そしてマークが守ってくれたこの世界を守ります」
「必ず助けますから。有難う、姉さん」
「だから、絶対に死なないでください。命を粗末にしないで、これは約束です」

今度こそ、守ってくれますよね?
そう涙を浮かべながら微笑み、ルキナは小指を差し出してきた。
マークはしっかりと頷き、彼女の指に自身のものを絡める。
この温もりは決して忘れないようにしよう。
目を閉じ、しっかりと心の奥底に焼き付けるよう確かめた。



そして少年は時を超える。
悲しみの中、守られた命とたった一つの希望を信じて飛び立った。
母を今度こそ救ってみせる。
それだけをただひたすら願って。



*




「うわぁ、それにしてもずぶ濡れになっちゃいましたね…」
「インクが滲んじゃってるけど、乾かせば多分読めるよ」

ここは異界の温泉地。なぜか温泉に群がる屍兵達を軽く一掃したあと、マークはアズールとともに石の上へ腰掛けていた。マークは頭をタオルで拭きながらブクブクになった戦術書を難しい顔で眺め、アズールは先ほど貸したもう一冊の方をめくっている。

「うーん、炎の魔術を使ったら一瞬で乾くような気もしますが」
「いや、多分君の魔力じゃ火力出過ぎて燃え尽きちゃうと思うんだけど」
「では魔力が低い方に呪文書使わせて見せましょうかねー、父さんとかダメかな?」
「…なにげに怖いもの知らずだよね、君って」

悪魔で真剣に考えているらしいマークに苦笑いしながらアズールは戦術書に目を通す。
一応初心者向けらしいが、戦術に心得がない彼には理解するのがなかなか難しそうだ。

――けどこれを覚えたらみんなの役に立てるし、何よりルフレさんに褒めてもらえてオマケにモテそうだし頑張ろう!

彼は彼で不順なことを考えながら読みすすめていると、落書きのように術式が書かれているページに書かれた文字がふと目に付いた。
ルフレやマークの字でない、小さくて丸みを帯びた可愛らしい字だ。

「ねえマーク、君記憶を失う前に彼女でもいたの?」
「藪から棒にどうしたんですか、アズールさん」
「ほら、これ女の子の字でしょ?ルキナの字でもないし」

その箇所を指差すと、マークはきょとんとした顔で首を傾げてみせた。

「それ、こっちの戦術書だけにあるんですよね。僕もちょっと気になってたんです」
「きっと彼女だよ!くっそー、戦術を教えるフリして彼女をちゃっかり作ってるなんて…ずるいよ!僕より年下のくせに!」
「ええーどうしてその発想になっちゃうんですか?そんなにモテたいんですか?!」
「当たり前だよ!ううっ…ジェロームにしろブレディにしろずるいよ、この裏切り者ぉ!」
「わわ、チョップはやめてください!」

なぜか涙目になってぽかぽかと叩いてくるアズールを水で膨らんだ戦術書で防ぎながら、マークは先ほどの字を思い返す。
ルフレの字でもルキナの字でもない。勿論仲間の少女たちの字でもない。
恐らくマークが記憶を失う前に書き込まれた時なのだろう、アズールの言うとおり、彼女がいたのかもしれない。
――でも、彼女ではない気がする。
この字を見ても恋愛感情のような胸のときめきを感じない。
その代わり、なぜだか妙に懐かしさを感じてしまう。

(大切な人だったのかな)

アズールの手から逃げ切りマークは戦術書の文字をなぞった。
しかし感傷的になるものの一向に思い出せる気配はなく、マークははあ、と深くため息をついて戦術書を閉じた。

「うーんダメです、思い出せません!」
「やっぱり彼女だって!」
「でもこれ、人間の意識を縛る術が書いてありますよ?彼女がそんなデンジャラスなもの書きますかね…」
「う、確かにそんな恋人はやだな」

半べそをかきかけていたアズールにマークは戦術書を手渡した。その時、遠くから「マーク!」と声を掛けられ振り返る。

「あ、父さん!丁度いいです、父さんに頼みたいことが…」
「ルフレから聞いたぞ、お前、死んだふりをして周りを心配させたんだとな」
「え」
「しかもルフレを泣かせたと」

湯気とともに現れたクロムはいつもよりむすっとした顔をしており、本能的に危険を感じ腰を浮かせる。

「やばいですアズールさん、父さんめちゃくちゃ怒ってます!」
「あーそうだね…クロムさんはルフレさん大好きだからね…」
「ここは逃げるが勝ちです、逃げましょう!」
「え、なんで僕まで?!」

アズールの腕を掴んで石から飛び降りると、マークは一目散に逃げ出した。
クロムは怒ると非常に怖い。捕まれば最後、壁に穴を空ける腕力でゲンコツをしてくるうえにフレデリクの特別説教コースが待っているのだ。ことに母に関することだ、いつも以上に叱られるに違いない。
こんな時のために、ばっちりと逃走経路は確保してあるのだが。
そう、いつもこうやって二人で罠を作って、父から逃げ回って、母に窘められていたような…

(二人?)

ふと感じた既視感に世界が揺れた気がした。しかし前を走るアズールと後ろから聞こえる足音に意識を取り戻し、マークはそのことを忘れ必死で脚を動かす。

「こら、待てマーク!」
「びぇぇぇぇんごめんなさい!!」
「だからなんで僕まで逃げなきゃいけないのー!?」


「ふふ、相変わらず元気ですね」
「あれは元気というレベルを超えているのです」

湯けむりの中全速力で掛けていく二人と父を見ながら微笑むルキナに対し、ンンは心底呆れた声を出した。
女子達は一足先に入浴を済ませ、ユカタという特殊な着物を着ながら幻想的な雪景を眺めていたのだ。

「元気なことはいいことです。未来では、こんな風にはしゃげるマークを見れなかったから」
「ルキナ…」

和やかな顔で逃走劇を見守っているルキナにンンは言葉を失う。
確かにもう会えると思っていなかった両親に出会え、笑い合うことができるこの世界は夢にでもみなかった光景だった。
ンンはマークとあまり面識がなかったが、未来ではこんなに子供っぽくはしゃいでいる少年ではなかったと記憶している。笑顔なのは笑顔なのだが、どこか張り付けたようなわざとらしさを感じたのだ。

「ルキナさーん、見てないで助けてくださいよー!守ってくれるって約束したじゃないですかー!」
「ルキナ、マークを捕まえろ!」

ぼんやりと感傷に浸っていると、必死で逃げるマーク達と物凄い勢いで追いかけてくるクロムが目の前を通り過ぎていった。

「相変わらず騒がしいわね」
「です…」
「ふふふ、じゃあ私はお父様の助太刀をしてきます」

呆れる少女たちを見回し幸せを噛み締めながらルキナはゆっくりと立ち上がる。

――今だけは、はしゃいでもいいですよね。

舞い落ちる色とりどりの紅葉に心を弾ませながら、ルキナはマークたちの元へ駆け出していった。




*




少女の足元には光り輝く波紋が広がっていた。
その波紋はだんだんと小さくなりそれに連れ空間を元の闇に満たしていく。

「これで本当に良かったんですか?」

暗闇の中浮かんでいる少女の傍らに、白い影が寄り添っている。
少女はウェーブしている短い髪を揺らし、掌に浮き上がる紋章を見つめながら寂しげな笑みで頷いた。

「忘れたほうがいいんです、私のことなんて」

ギムレーの力を用いて時の狭間で沢山の世界を見てきた結論。
彼の側に私はいなかった。クロムが父親でない世界でも、幸せに暮らしている世界でも。
そして私がルフレさんと同じ魂の娘である世界のどれにも、彼の存在はいなかった。
きっと私たちは表裏一体。どちらかが光に出れば、どちらかが影にならなければいけない存在。
しかしどういうわけか運命を歪めて、私は彼の傍に来てしまった。
私を心の枷にして、彼を光から引き剥がしてしまったから。
今度こそ、光の中に生きて欲しい。
私のことなんて忘れて幸せになって欲しいから。
だから時の狭間で、別世界のギムレーの差金である屍兵に襲われている少年の記憶を奪ったのだ。

「ルフレさん、私は今まで貴方たちに守られてきました。だから私が今度は守る番なんです」
「でも、あなただけが苦しむことはないんですよ。私は貴方にも妹として、娘として、幸せになって欲しかった」
「いいんです、私は貴方が時々会いに来てくれるだけで満たされるから」

手を取り頬ずりしてくる少女の小さな体を白い影は抱きしめる。
その柔らかい胸に顔をうずめながら、少女は密かに願った。

ごめんなさい、マーク。
貴方の未来に幸運を。
そしてもし、違う世界の私が生まれ変わることができたら。

「今度こそずっと、一緒に居たいですね」

最後の波紋が消え、世界は再び闇色に染まった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Mail
ご意見などございましたらこちらをご利用ください
Profile
HN:
流離(さすら)
性別:
女性
自己紹介:
NLでもBLでもホイホイ食っちまうぜ
ゲームとかガ○ダム大好きな腐り人。
Serch

Copyright (c)Amorphous+ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]